banner

ペットのために遺言を残したい!

弊事務所で遺言書作成のお手伝いをさせて頂く方で特に多いのは、
ご結婚をされていない方お子様がいらっしゃらないご夫婦等ですが
このような方々は、ペットを飼われている割合が比較的高く、
次のようなことを心配しているのをよく聞きます。


 ・自分にもしものことがあったら、ペットの世話は誰がみるのだろう?
 ・これまで一緒に暮らしてきたペットに財産を残してあげたい。


dog0153-051お気持ちは非常によく分かります。
これまで生活を共にされてきて、
一緒に人生を歩んでこられた家族なのですから。


しかし、残念ではありますが、
ペットに財産を残してあげることはできません。
ペットは法律上物として扱われてしまいますので、
遺言でもペットには財産を直接残してあげることはできないのです。


でも、方法がないわけではありません。


このようなとき、信頼できる方がお近くにいらっしゃるのであれば、
万一、ご自身がペットより先に亡くなった場合には、
その方にペットの面倒を見てもらうように頼んでおくのです。


もちろん、ペットの世話をするということであれば、
費用もかかることですので、いくらかの財産を飼育費+お礼として
その方が受け取れるようにしておかなければなりません。


つまり、遺言で、ペットの世話をしてもらうことを条件に
財産を受け取ることができるようにする
のです。
これを「負担付遺贈」といいます。


ペットのための遺言の注意点


①世話をしてほしい方に事前に承諾を得ておくこと

いくら財産を譲り渡すとはいえ、
ペットの世話という義務を負担してもらうことになります。

遺言は、遺言者が一方的に作成することができるものであって、
受遺者(ペットの世話をしてもらう方)の承諾は必要ありません。

ですから、一方的にペットの世話をする人として遺言で指定した方が、
ペットの世話はできないから、遺産はいらない。」といって、
遺贈を放棄することもできるのです。

ペットのための遺言を作成する目的は、
ご自身が世話していたときと同じような環境で、
ご自身の死後も、ペットに生活をしてほしいと
願っているからだと思います。

そうであるならば、事前にきちんと承諾を得たうえで、
ペットの世話の方法ペット自身のことなどをすべて
世話をして頂く方に説明をしておかなければ、
十分な世話は受けられないかもしれません。


そのために、ご自身のためのエンディングノート等の記録を残しておくのと同様に、
ペットのための記録も一緒に残しておくとよいかもしれません。


②ペットの世話をして頂く方に対してある程度の財産を遺贈する

ペットの世話には、費用がかかります。
基本的には、遺贈された財産の範囲内で、ペットの世話をすることになります。

信頼できる方に託されているとは思いますので、
仮に、過分の費用がかかったとしても、
その方は、きちんと世話をしてくれるものと思います。

それでも、ペットは病気にかかりますし、
人間と同じで高齢になればなるほど、治療費薬代がかかるものです。

ですから、なるべく負担は掛けないようにそのあたりも考慮して、
ある程度の財産を受け取れるようにしておかないと、
いざとなったら、ペットの世話を引き受けてもらえないかもしれません。

費用のことを気にせず、十分にペットの世話をしてもらうためには、
どの程度必要なのかをよく検討して、遺贈の額を決めなければなりません。


③遺言執行者を指定しておく

遺言は、遺言者の死後に効力が発揮されます。
いくら信用できる方に頼んだとはいえ、
その方が、ほんとうにきちんとペットの世話をしてくれているのかを
遺言書を作成した方が、確認することはできません。

遺産だけ受け取って、ペットの世話はまったくしていない
なんてことも起こり得ます。

そこで、遺言の内容を確実に執行する方、
つまり「遺言執行者」の指定が有効です。

遺言執行者は、遺言に記載されている内容を基に、
預貯金の名義変更や解約手続き等の手続きを行いますが、
負担付遺言の内容が守られているかどうかを確認すること
その職務のひとつです。

もし、ペットの世話を引き受けた方が、
きちんと世話をしていないとしたら、
その方に、注意をすることができます。

それでも改善が図られないようであれば、
最終的に、家庭裁判所に対して
その遺贈の取り消しを求めることもできます。


ペットのための遺言について、知りたいことや分らないことがありましたら、
ご遠慮なく、弊事務所にご相談ください!


遺言書の作成をお考えの方へ 公正証書遺言作成サポート 自筆証書遺言作成サポート

泉佐野 遺言書教室アンダーバナー


業務対応エリア


大阪府 : 堺市・富田林市・河内長野市・大阪狭山市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡
      町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市


遺言書を残した方がよいケース コンテンツ

Copyright(c) 2013 泉佐野 遺言書作成教室 All Rights Reserved.