banner

遺言書の種類と特徴

遺言書の作成方法は、民法で厳格に定められています。
書面にご自身の想いを、ただ書き連ねればよいのかといいますと、
そうではありません。
法律に従った作成をしないと、「無効」となってしまいます。

さて、その遺言書ですが、作成方法は1種類だけではありません。
一般的には、自筆証書遺言公正証書遺言秘密証書遺言の3種類があります。

この他にも、特別方式といって、
危急時に作成する遺言の方式もありますが、
ここでは、上記3種類の遺言についてご説明します。


自筆証書遺言


遺言者が、内容、日付、署名の全てを自筆し、押印して作成する遺言です。

証人の必要もなく、簡単に作成でき費用もかかりません。
本人だけで作成できるため、
遺言書を作成したことを秘密にしておくことができます。

しかし、遺言書を紛失したり、遺言書の内容を知った推定相続人から
変造や偽造をされてしまう恐れもあります。
また、法律上の要件を満たしていないために形式の不備で無効になったり、
内容が不完全で争いが起きる可能性もあります。
さらに、相続開始後、家庭裁判所による検認手続必要となります。

 検認手続きについては、こちら↓をご覧ください。
 >> 遺言書の検認手続きについて


公正証書遺言


公証人役場で、証人2人以上の立ち会いのもとに、
遺言者が直接に遺言の趣旨を公証人に口述します。

公証人は筆記した内容を遺言者と証人に読み聞かせ、
遺言者と証人が署名・押印し、
最後に公証人も署名・押印することとなっています。

保管は安全確実偽造変造隠ぺいの危険がありません。
また、遺言書の検認の手続き不要です。
ただし、証人の立ち会いがあるため、
遺言書を作成したことや内容を第三者に知られることがあり、
また費用と手間がかかります。


秘密証書遺言


遺言者本人が遺言書に署名押印し、
遺言書に用いた印鑑で封印した後、公証人1人、証人2人以上の前に提出して
自分の遺言であることと、住所・氏名を申述します。

秘密証書遺言では、遺言したこと証人には分かってしまいますが、
その内容の秘密は守ることができます。

自筆証書遺言と異なり、代筆・ワープロでの作成も有効です。
ただし、作成に若干の費用と手間がかかる点と、
遺言内容については公証されていないため、
紛争が起きる危険性があります。
また、検認手続も必要となります。

秘密証書遺言は、
自筆証書遺言と公正証書遺言の中間の遺言書とされていますが、
実際のところ、ほとんど利用されていません。


自筆証書遺言と公正証書遺言の比較


費用や手間が多少かかってもよいのであれば、
もっともお勧めできるのは「公正証書遺言」による遺言書の作成ですが、
各々の遺言方式のメリットデメリットをよく考えて、
ご自身に合った方式で作成されるとよいでしょう。

自筆証書遺言 公正証書遺言

筆記者

本   人(必ず自筆)

公 証 人

署 名
押 印

本   人

本   人
証   人
公 証 人

証 人
立会人

不   要

証人2名以上

メリット

1.作成が容易
2.遺言の存在を秘密にで
  きる

1.紛失・変造・隠匿の恐
  れなし
2.検認が不要

デメリット

1.紛失・変造・隠匿の恐
  れあり
2.保管に難点
3.検認が必要
4.要件が厳格
※日付・押印等がないだけで
 も無効となる

1.証人が必要
2.費用がかかる
3.手続きが煩雑
4.遺言の内容を秘密にで
  きない


遺言書の作成をお考えの方へ 公正証書遺言作成サポート 自筆証書遺言作成サポート

泉佐野 遺言書教室アンダーバナー


業務対応エリア


大阪府 : 堺市・富田林市・河内長野市・大阪狭山市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡
      町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町
和歌山県: 和歌山市・岩出市・紀の川市・海南市


Copyright(c) 2013 泉佐野 遺言書作成教室 All Rights Reserved.